2012年05月20日

お食い初めやり方

お食い初め・御百日祝いの儀式で赤ちゃんに

食べさせる(食べさせるまね)役目は、晴れ

親類か祖父母などの長寿の人にお願いします。

これは、赤ちゃんの長寿を願う意味からきています晴れ

男児は男性の左ひざに、女児は女性の右ひざに座らせて儀式をしましょう。

晴れ親子で行う時は、お父さん、お母さんでも構いません。

祝い膳の正しい食べさせ(食べさせるまね)方

飯、汁物、飯、魚、飯の順に3回食べさせるまねをさせます。

晴れこのうち一粒だけでも赤ちゃんが食べるとお祝いになることから、

ほんの少しだけ赤ちゃんのお口に入れるようにするといいと言われています。

その後、歯固めの儀式として、

箸の先を歯固めの石にちょんちょんとつついて、

その箸を 赤ちゃんの歯茎にそっとつけます。



※あくまで赤ちゃんが生まれて100日目の

儀式ですから、食べさせる真似です晴れ





































ポジティブ

posted by 広島県 お食い初め料理 通販(仕出し) at 19:42| お食い初めやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。